■肩こりの治療


実際に病院ではどんな治療が行われるのでしょうか。 とりあえずの症状を取り除く、対症療法としての薬物療法は、 消炎鎮痛剤(内服と外用の両方があります)・筋弛緩剤・ 抗不安剤などがあります。

いづれも筋肉の広い意味での「緊張」を取り除くものです。 これらを組み合わせることによって、多くの方が楽になる といいます。症状が重いときは、「トリガーポイント」と いわれる注射や「神経ブロック」と呼ばれる一種の麻酔を 使用することもあります。

根本的な根治を目指す、長期的な理学療法としては、 運動療法・マッサージ・温熱療法・水治療法・電気療法 などがあります。運動療法は、ストレッチを含む、筋肉を ある意味では鍛えながら適正な弛緩と緊張を与えることに よってほぐす、包括的なもので、各人自由に取り組みやすい ことから、治療の主軸になっているかもしれません。

いづれかの選択は、その人の状態、生活スタイル、好み などによって変わってくるでしょう。医師と十分に相談して、 納得できる治療法を選択していくことが肝要です。それと 同時に、やはり普段から、肩こりの原因になりそうなことには 気をつけて、“原因から遠ざかる努力”も必要です。医学の 力と自分自身の配慮とで、肩こりの完治を目指してくださいね。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 肩こりの原因を突き止める
肩こりは様々な原因からもたらされます。ということで肩こりを有効に解消するためには、まずはなんで肩こりになっているのかという原因を突きとめることが大切です。複数の・・・ 続きを読む

★ 解消するマッサージ
マッサージを行うときには、痛みを感じている局部だけをマッサージしないこと、かなりの痛みがあるときは炎症などの状態をある程度解消してから行うこと、さらには気持ち・・・・ 続きを読む

★ 解消グッズ・マッサージ器
肩こりの解消のためには、適度に温めたあとで筋肉をほぐす、ということが大切になります。そこで使いたいと思うのが、人にもんでもらったり、叩いてもらったりした感触を得る・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 人による症状の違いは?
★ 解消のためのツボを知る
★ 解消グッズ・パソコン周辺器具
★ 解消グッズ・低周波治療器