■肩こりの診察


いざ医師の診断を受けることとなったら、どのような ことを診たり、訊かれたりするのでしょうか。 まずはコリの部位を訊かれます。このときは、きちんと 場所を全て答えるようにしましょう。生活スタイルなど から、原因を推測することがあります。

また、発症の契機として何か具体的なことがあったか、 思い当たることがあるか尋ねられます。このときは具体的に 細かく、すこしでも気になることがあれば伝えましょう。

一般人にはわからない隠れた原因が医師は推測できる かもしれません。症状が悪化する状況と逆に軽くなる状況を 尋ねられるかもしれません。

これによって、原因がより特定しやすく、また正確に 判別しやすくなります。そして、コリ以外に何か異常が 無いかなどが訊かれます。原因が筋肉の緊張以外の内因的な ものかもしれないからです。

目の疲れ、頭痛、体のだるさなどあれば伝えましょう。 問診のあとは、触診で触ったときの痛みの有無、筋肉の コリがあるかなど調べます。

頚椎椎間板ヘルニアなどがないか、X線写真やCTなど機械を 使って判定することもあります。また、痛み、不快感など 主観的なものであることから、心因性の完全な心気症である 場合もあるので、医師は慎重に診断しています。質問にきちんと 答えましょう。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 肩こりの原因を突き止める
肩こりは様々な原因からもたらされます。ということで肩こりを有効に解消するためには、まずはなんで肩こりになっているのかという原因を突きとめることが大切です。複数の・・・ 続きを読む

★ 解消するマッサージ
マッサージを行うときには、痛みを感じている局部だけをマッサージしないこと、かなりの痛みがあるときは炎症などの状態をある程度解消してから行うこと、さらには気持ち・・・・ 続きを読む

★ 解消グッズ・マッサージ器
肩こりの解消のためには、適度に温めたあとで筋肉をほぐす、ということが大切になります。そこで使いたいと思うのが、人にもんでもらったり、叩いてもらったりした感触を得る・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 人による症状の違いは?
★ 解消のためのツボを知る
★ 解消グッズ・パソコン周辺器具
★ 解消グッズ・低周波治療器