■肩こりの原理


肩こりの具体的な原因はさまざまです。しかしより根本的 に考えると、ヒトはなぜ肩こりになってしまうのでしょうか。 ここではなぜ肩こりになってしまうのでしょうかという 肩こりの原理についてご紹介していきます。

筋肉の中には、血管があり、筋肉に栄養素や酸素を運んで、 筋肉中に発生した老廃物を運搬し、排除しなければなりません。 血流には、そのような役割があります。

ところが、筋肉が固くなり血管が圧迫されていると血行が 悪くなってしまいます。堅くなる原因は単に筋肉が疲労する ことによる場合もあります。そうすると酸素不足になり、 老廃物もじょじょに蓄積されていってしまいます。

エネルギーの供給もうまくいきません。それが原因となって 筋肉周辺で炎症が起きやすくなります。炎症が起きると、 筋肉は固く収縮してしまいます。老廃物は筋肉周辺の神経を 刺激し、痛みを伴います。

痛みによって、人の神経は緊張し、さらに筋肉がかたくなる 原因になります。このような悪循環によって、肩こりが生じたり、 悪化したり、治されずに維持されたりするのです。肩こりを 治療するには、この悪循環から脱する必要があります。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 肩こりの原因を突き止める
肩こりは様々な原因からもたらされます。ということで肩こりを有効に解消するためには、まずはなんで肩こりになっているのかという原因を突きとめることが大切です。複数の・・・ 続きを読む

★ 解消するマッサージ
マッサージを行うときには、痛みを感じている局部だけをマッサージしないこと、かなりの痛みがあるときは炎症などの状態をある程度解消してから行うこと、さらには気持ち・・・・ 続きを読む

★ 解消グッズ・マッサージ器
肩こりの解消のためには、適度に温めたあとで筋肉をほぐす、ということが大切になります。そこで使いたいと思うのが、人にもんでもらったり、叩いてもらったりした感触を得る・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 人による症状の違いは?
★ 解消のためのツボを知る
★ 解消グッズ・パソコン周辺器具
★ 解消グッズ・低周波治療器